着物のお仕立てKIMONO Order Made

目的や内容から着物を選ぶAccording To The Scenes

着物はその時と場合や状況により相応しい種類がございます。ここでは着物をTPOからお探し頂けます。

着物の種類

  • 黒留袖

    既婚女性の第一礼装。結婚式などの正式な場に着用します。黒留袖は裾に模様があり、比翼仕立てで5つ紋が入り、模様は全体的に松竹梅や宝尽しなど、おめでたい柄が多いです。

  • 色留袖

    基本的には5つ紋の色留袖は黒留袖と同格。最近では結婚式に出席する親族の方も色留袖が多い。紋の数を一つ紋または3つ紋にすることもでき、叙勲や園遊会では5つ紋付比翼仕立てとします。

  • 振袖

    袖丈が長く、華やかで格調高い、未婚の女性の第一礼装。結婚式のお呼ばれや成人式に着用。若い人らしく柄も大きめで色使いも多彩でとても華やかです。

  • 訪問着

    あらゆる場で用いることができる訪問着。特に、未婚女性の場合は結婚式に招待された際に、準礼服として着用されます。基本的には染めの着物で、縮緬の生地に型染め、または描友禅で花鳥山水などの豪華な柄を染めたものが代表的です。

  • 付下げ

    着物の模様付けの方法である付け下げは、戦時下において派手な着物が禁止された時期に考案されました。絵画風の模様を施した絵羽風の付け下げ模様や、訪問着の略式とされる付け下げ訪問着など、広く着用されています。

  • 色無地

    色無地は白生地を一色染した無地の着物。一つ紋を付けると略礼装として、式典、お茶席、法事など幅広く着用できます。また江戸小紋も同じように無地の代わりとして着られます。

  • 小紋

    お洒落を広範囲で楽しめる型染めの総柄の着物の総称。ちょっとしたパーティや観劇、ショッピング、お稽古などに着用できます。

  • 紬は蚕からとった綿(真綿)から手紡ぎした糸で織った絹織物。とても丈夫で以前は家庭着でしたが最近は街着として利用されています。着るほどに肌になじみ独特の味わいが好まれている趣味の着物です。

着物の種類による仕立代Price List

全て職人による手縫いでの仕上げになります。他社とは違い、新品仕立て仕立て替えを同額で行います。

着物の種類 仕立て方法
海外有資格者指導で確かな技術の和裁所 国内有資格国家試験合格の技能士
長襦袢 12,960 19,440
小紋・紬 19,130 25,920
コート 19,000 23,760
大島紬 21,600 30,240
訪問着 21,600 30,240
振袖 23,450 40,500
留袖比翼付 27,770 56,160
  • 金額は税込です
  • 料金は予告なしに変更される場合がございます