汗抜き

汗抜きは長襦袢にオススメしたいサービスメニューです。また、丸洗いの際に同時に汗抜きをすることでより長らく着用いただけます。

汗抜き

この汗抜きは長襦袢にオススメしたいサービスメニューです。
絹類の衣装は湿気に弱く、汗にも弱いのです。干せば湿気は取れますが、汗の成分である塩分やアンモニアは残ってしまうため、放っておくと変色や生地の変質を招きます。汗は水性のため、ドライクリーニングでは落ちなく、この汗抜きを行う必要があります。高圧蒸気をかけて、繊維に染み込んだ汗を弾き飛ばします。特に、肌に近い長襦袢などは、汗をかいた時にはぜひ汗抜きを行っていただくことをお勧めいたします。また、着物の方も、汗の蒸発分が移っている可能性が高いですので、長襦袢と合わせて汗抜きをしておくと安心です。

丸洗いと汗抜きをセットでやっておくと完璧!

着物や長襦袢のお手入れをする時、ぜひオススメしたいのが「丸洗い」と「汗抜き」を同時にやってしまう方法です。丸洗いだけの場合、汗の成分が残ったままですし、汗抜きだけだと全体の汚れはそのままということになってしまいます。多少費用がかかっても、同時にされることが、大切な着物を長らく着て頂けることにつながります。

部分水洗い(汗取り)と丸洗い料金表

衿、袖口、裾など部分的に下洗いを行い、全体を油性洗いします。
税抜
丸洗い料金表
長襦袢 1,810
小紋・紬単衣の着物・コート・名古屋帯 1,910
小紋・紬袷の着物・袋帯 1,960
紋付・付下げ・訪問着 2,290
振 袖 2,580
留 袖 3,050
油性洗いでは汗の成分は水性で十分に取れないため、黄変の原因となります。
汗をかいた部分は水洗いを行い、全体を油性洗いします。汗をさっぱりして収納下さい。
税抜
部分水洗い(汗取り)と丸洗い料金表
長襦袢 2,810
小紋・紬単衣の着物 2,910
小紋・紬袷の着物 2,960
付下げ・訪問着(単衣) 3,100
付下げ・訪問着(袷) 3,290
振 袖 3,580
留 袖 4,050
■ドライクリーニング:化粧品や皮脂の汚れ(油性の汚れ)を落とします。
■水洗い:シーズンの終わり、汗などをかいたものは水洗いがおすすめです。
税抜
ゆかた洗い料金表
手洗いで水丸洗い
ゆかた(手仕上げ付) 1,290
子供ゆかた 1,000
麻襦袢 1,910
ドライクリーニング
ゆかた(手仕上げ付) 910
絞りゆかた 910
小袋帯 860
角帯 860
子供ゆかた 700
  • ※絞りゆかたは多少伸びることがあります。藍染めのものは色落ちがあることをご了承ください。
七五三は、男の子は5才、女の子は3才と7才の11月に成長を祝って行う行事です。
七五三で着用された着物を大切な思い出として、また次の世代へ受け次いで行くためにもきちんとお手入れをして保管することをお勧めいたします。
税抜
七五三祝着丸洗い料金表
七才祝着丸洗い
2点セット(着物+襦袢) 3,240
単品価格 着 物 1,810
襦 袢 1,430
五才祝着丸洗い
5点セット(着物+羽織+帯+袴+襦袢) 6,860
単品価格 着 物 1,430
羽 織 1,430
580
2,000
襦 袢 1,430
三才祝着丸洗い
3点セット(着物+被布コート+襦袢) 3,890
単品価格 着 物 1,620
被布コート 860
襦 袢 1,430